女性の診察科目について

産婦人科の診療

産科・婦人科では、妊娠時やお産に関連する検診などはもちろんのこと、最近よく聞かれるようになった子宮や卵巣の腫瘍といったさまざまな病気の心配があるときに受診しましょう。
産科・婦人科というと妊婦さんのための病院ではないかと思われがちですが、まったくそんなことはありません。逆にそんな思いから、産婦人科の受診をためらってしまう人もいますが、産科・婦人科は女性のからだの健康全般を扱ってくれますので、何か少しでも気になることがあったら安心して早めに受診しましょう。

こんな時に受診しましょう。
  • 腫瘍、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、卵巣機能不全症、月経異常、月経困難症、性感染症、更年期障害、排尿障害、かゆみ、おりもの、腫れ、発熱、めまい、冷え症状、便通異常などの症状。
  • 子宮癌・卵巣癌などの検診。
  • 避妊相談、不妊相談、性生活相談、肥満相談など。

受診する前に、

  • なぜ診てもらいたいのか
  • どんな症状があるのか
  • 月経について(最終月経時期など)
  • 妊娠分娩歴(いつ、何回、何人)
  • 現在治療中の他の病気について
  • 痛み(時期、場所、どのように)
  • 出血(月経時以外に出血する、出血が止まらないなど)

などを伝えられるように準備しておきましょう。

受診の流れ

産婦人科が初めての人でも、安心して受診することができますから、気になる症状があったら早めに病院へ行きましょう。

  1. 保険証を出し、問診票を受け取って記入します。
  2. 問診票に、最終月経開始日やどんな症状がいつから始まったか、これまでにかかった病気やアレルギーなどを記入します。
  3. 診察室で、あらかじめ記入しておいた問診票をもとに、医師の問診を受けます。気になる症状や悩みなどを、具体的に、はっきりと伝えましょう。
  4. 血液検査や内診などの各種検査が行われます(必要のない場合もあります)。
  5. 医師から、診断結果や今後の治療方針、アドバイスなどを聞きます。ここで疑問や不安な点があれば、遠慮せずに何でも相談しておくようにするとより安心です。心の不安の種はできるだけ取り除いてしまいましょう。